セカンドカーとして活躍しているスバルR2。

寄る年波には勝てず、不具合発生。

診断機を繋ぐと、やはり「ISCバルブ」の不調でした。

モノタロウで純正品を発注し、交換作業に取り掛かります。

 

 

 

 

 

 

エンジンルーム内のこの部品です(赤丸の)。

+ドライバーで簡単に外せます。

 

 

 

 

 

 

左側が新品、右側が経年劣化でダメになりそうな状態。

頭の部分が少し飛び出ています。

 

 

 

 

 

 

 

受け(エンジン)側が少し汚れていますので、パーツクリーナーでキレイにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは新品の部品を組み付けて終了です。

モノは代引き手数料込みで14,960円です。

 

 

 

 

 

 

 

みんカラなどでは50,000kmを超えた個体のトラブルは良く見かけますが、30,000km台でもダメになるんですね。

さすがに初年度登録が平成18年ですので、寄る年波には勝てないということでしょう。

あとは、交換した日付と走行距離をメモしておきます。