まずはハンドルを左右に切って、ネジを2本外します。

ステアリングコラム下のカバーは、ネジ穴に指を引っかけて下に引っ張ると外れます。

 

 

 

 


赤丸の12番のボルトを左右2本外して、ステアリングを下に動かして、ステアリングコラムの上を外します。

 

 

 

 

 

 


マイナスドライバーでツメを軽く押し込んで、ワイパーレバーを左に引っ張ると丸ごとスッポ抜けます。

 

 

 

 

 

 


上がヤフオクで入手した時間調整ダイヤルの付いたワイパーレバー。

スバルですが、なぜかトヨタ純正品が適合します。

作ってる町工場が同じなんだろうと思います。

幅広い車種に適合するようですので流用には便利です。

品番は86452-52090、8ピンコネクター。

※適合は必ず自分で調べてください。

 

 

 

 


レバーの真ん中あたりに  INT TIME と書かれているのが間欠時間の調整ダイヤルです。

間欠時間の調整できないスバル純正品は、およそ3秒間隔でワイパーが動作するので、「いや、まだ今ぢゃない!」とか「おいおい!そろそろ動けよワイパー!」ってことがよくありますもんね(^^;)

 

だいたいこんな安い(だろう)装備、標準で全車に付けとけよ。危ないだろ。と言いたい(# ゚Д゚)

でもまあ・・・このクルマはとっくの昔に生産終了してますので、今さら言っても仕方ないですけどね。

 

 

 

15分ほどで交換完了。

これでパラパラ雨のときのもどかしさから解放されます。

 

 

 

変なところをコストカットしてるのは、レクサスの助手席パワーシート肩口スイッチと似たり寄ったりです。

余計な出費と手間が掛かります。

最初から装備しておけばいいものを(# ゚Д゚)