先月のパジェロイオのユーザー車検に続いて、CB1300SFのユーザー車検も受けて参りました。

熊本市東区の熊本運輸支局

受付を済ませたら、二輪は外周に沿って裏に周りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

検査ブース入口の左側には「受検者の禁止事項」が書かれています。

よく読んで、マナーを守って受検しましょう。

 

 

 

 

 

その反対側(入口右側)には、二輪コースの注意事項がありますので、入る前にこちらもよく読んでおきましょう。

 

 

 

 

偶然にも八代の某バイクショップのN社長さんと会いました。

前の人たちがしているのをよく観察しておきましょう。

車両外観の検査が終わると係の方から、「付き添いは必要ですか?」と尋ねられますので、迷わず「はひっ!おねがいしゃす!」と伝えてください。

横に付いていろいろ教えてもらえますので、検査をスムーズに進められます。

いつもありがとうございます。

 

 

 

検査コース入口右側には、「全体的な検査の流れ」が写真付きで掲示されています。

排気ガス検査は、年式によってはスルーされます。

マフラーを換えていると音量を測定されます。

年式によって違うみたいですが、1998年式の私のCBだと、99dbぐらいまではOKとか。

今回は93.4dbでした。

 

 

 

この画像はなぜかピンボケになってしまいました。

ブレーキ検査かなんかの説明かな?

まあ、電光掲示板に「足を放す」とか「そのまま」とか表示されますんで、その通りにすればOKですけど。

 

 

 

 

ヘッドライトが1灯式の場合と2灯式の場合の注意事項が書かれています。

 

 

 

 

 

 

スピードメーター検査は、機械が自動でタイヤを回しますので、40km/hになったときに、踏んでいるバーから足を離せばOKです。

 

 

 

 

 

 

検査ラインの一番最後で、ヘッドライトの光軸検査です。

これが一番引っ掛かりやすいので、事前に必ず調整してもらってください。

 

 

 

 

 

で、最後に記録器に検査票を通して、ガチャン!とハンコを押してもらって、検査票を係の方に渡します。

 

 

 

 

 

検査ラインをすべて通過した検査票

これを係員ボックスの中に居る検査官に渡して、右下の適合欄にハンコを押してもらって受付に戻ります。

 

 

 

 

 

すべての書類をこの紙に書いてある順番に並べて、3番窓口の青い箱に入れておくと、5~10分程度で呼ばれます。

新しい車検証と車検シールをもらってすべて完了です。

 

 

 

 

 

平成27年の重量税は4,400円だったんですが、今回から5,000円になったようですね。

住所の表記が平成18年の市町村合併前の表記なんだけど、どうしたもんですかね。

今日はじめて気付きましたが、前回も旧表記だったようです。

 

 

 

車検シール

二輪のナンバープレートは小さいので、これまでのサイズで良かったのに、無駄に大きくなりましたな。

 

 

 

 

賠責:11,520円

重量税:5,000円

検査手数料:1,700円

光軸調整:1,600円

合計:19,820円 (法定費用は18,220円)

前回平成27年の車検は、合計21,410円(法定費用、19,810円)→ユーザー車検2015

平成29年4月更新分から自賠責が2,000円ほど安くなってるので前回より少し安く済みました。