ヤフオクで安く買って手軽に乗るつもりが、ほぼレストアとなりましたマジェスティ125。

これでとりあえずは最後の部品交換。

ブレーキローターです。

段付き摩耗しており、使用限界を超えてます。

キャリパーはピストンのサビがひどかったので、ヤマハマグザム純正品に交換しました。

加工なしでポン付けOKです。

 

 


ローターボルトは安全上の観点から再使用できませんので、新品を買いました。

ネジロックも一緒に。

 

 

 

 


ヤフオクで純正品が売られておりましたが、台湾発送で納期が10日から14日でしたのでパス。

同じ品番をモノタロウで検索すると即日発送でしたので、今回はタロちゃんにお願いしました。

純正部品の品番は画像の通りです。

 

 

 

 

 


バイク用ジャッキで持ち上げると安定します。

 

 

 

 

 

 

 


タイヤホイールを外したあとのブレーキパッドの間には適当な板を挟んでおいたほうがいいですね。

 

 

 

 

 

 


ディスクローターボルトにはネジロック剤が添付されているので、ハンダゴテで熱して効き目を弱くします。

100℃ぐらいで溶け出すらしく、200℃の熱を加えれば効き目は無効になるとか。

 

 

 

 

 

 

あとは長めのロングスピンナーで体重をかけて一気にチカラを込めます。

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハのローターボルトは鬼のように固く締めてあるらしく、このコマジェのボルトも相当なチカラが必要でした。

安モノの六角レンチなら曲がったり、ボルト穴をナメてしまいます。

KTCはキッチリ食い込んでくれて、なんとか緩めることができました。

 

 

 

 


ネットで検索すると、マジェスティ125のサービスマニュアルがありますので入手しておきました。

各ボルト&ナットの締め付けトルクも記載されているので助かります。

気になるローターボルトは23、キャリパーは40、アクスルシャフトは70のようです。

CB1300SFのキャリパーは44だったような。

どのバイクもだいたいここらへんの数値みたいです。

 

 

 


モノタロウは納期未定と連絡がありましたのでキャンセルして、Amazonで純正品を発注しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジロック剤(青)はこれぐらい(お好みでそうぞ)

付けすぎると次回外すときが厄介です。

 

 

 

 

 

 

規定トルクで締めつけて、ローター取り付け完了。

 

 

 

 

 

 

 

アクスルシャフトは70のトルク値で締めつけて完了。

 

 

 

 

 

 


あと、これですな。

クランクケースエアフィルター。

Amazonで見つけまして、台湾からの発送でしたが、

なぜかMADE IN JAPAN(;^ω^)

発送は台北になってます。

 

ヤマハを名乗りながらも諸般の事情で輸入車扱いのマジェスティ125。

まだまだ純正部品も社外品も手に入りますし、ネットで整備情報も入手できるので、走行距離次第ですがあと10年は維持していけるんじゃないでしょうか。

しかし・・・ある程度自分で整備できる人じゃないと買わないほうがいいです。