ひとつずつ大掃除を片付けていかないと、12月はあっという間に終わってしまいます。

昨日、クルマのタイヤチェーンに触れたせいか、CB1300SFのチェーン清掃もしなければと思いついたわけで、チェーン違いではありますが、

まずは必要なモノの準備から。

チェーンクリーナー、チェーンルブ(オイル)、ブラシ。P1010730

メンテ用スタンドはあったほうが良いです。

昔は10,000円以上してましたが、最近は3,000円前後でも手に入るようになりましたから。

これは楽天で3,000円からお釣りがくるほど安かったんですが、頑丈で問題なく使えてます。

 

 

 

最初にチェーンクリーナーをダブダブ吹き付けて、ブラシでゴシゴシと汚れを落としてやります。P1010731

クリーナーである程度は汚れは落ちます、某食器用洗剤のように。

 

 

 

 

 

 

で、水でキレイに洗い流して、なるべくなら乾燥させてからチェーンルブを吹き付けていきます。P1010732

捨ててもいいタオルなどで余分なチェーンオイルをふき取りますが、どんなにキレイにふき取ったつもりでも走行するとチェーンオイルがホイールに飛び散りますので、20km程度走ってはホイールを洗い流すことを2~3回ほど繰り返します。

「飛び散らない」と書いてあっても、意外とグチャグチャに飛び散るのを覚悟しておきましょう。

 

 

 

下回りの整備のついでに、空気圧もチェックしたほうが良いですね。P1010735

ホンダさん推奨はF 2.5、R 2.9ですが、それよりも0.1ずつ低くしておきます。

冬は路面温度が低いですし、パツンパツンの空気圧の乗り味は好みではないので。

 

 

 

 

洗車と磨きをした直後は2割増しでキレイに見えます^^
P1010734