コピー機を載せられるようなボックスとか、棚とかをさがしてみましたが、幅、奥行き、高さ等々、なかなか適当なものが見つからなかったので、いつものように自作してみました。

まずは、頭の中で描いた図面に基づいて、ベニヤとその他の部材を切り出します。P1011138

材料は家にあったものです。

 

 

 

 

 

そして、天板と底板に、側板を止めるための角材をネジで止めてP1011139

 

 

 

 

 

 

側板を2方向止めますP1011140

 

 

 

 

 

 

ドリルでやるので早いですP1011141

対角に柱を2本打ち込んで、補強しておきます。

 

 

 

 

 

適当な高さに棚板をセットします。

取り外し可能なように、載せるだけの造りにしましょう。P1011142

 

 

 

 

 

そうすると、幅と奥行きがちょうど良いサイズの棚が完成です。
P1011143下段はコピー用紙を置く場所で、2方向から取れるような造りにしました。

こういうのがなかったのかと言われると、なかったんです。

幅がピッタリでも奥行きが足りなかったり、高過ぎたりというのが多かったですね。

 

探して回るより、自分で作ったほうが早いです。

 

 

そのままじゃあれなんで、ナフコで買ってきた水性ニスを塗ります。P1011144

「メープル」という色ですが、乾くと、こげ茶色が少し赤みがかったようないい色になります。

奥に見えるフラワーボックスも自作品ですが、「ライトオーク」という色にしたら、黄色っぽいベージュでした。

もうちょっと茶色っぽいかと思ったんですが(^^;)

 

 

で、完成。

幅45cm×奥行45cm×高さ74cm。P1011145

角に隙間が空いてるのは、デザイン上そうしたのと、いろいろな配線を通したり、中に隠したりするためです。

誰かさんと違って、誰のデザインもパクッてないですよ。

材料費はニス代の約1,000円です。

 

 

最近のニスは水性の割に乾きが早いので、二度塗りするまで時間がかからなくていいですね。

油性のニスもありますが、筆を洗うための薄め液を別に買わないといけないので、水性タイプがおススメです。
P1011146 - コピーこちらは、ある方々からいただいた観葉植物ですが、フラワースタンドは自作品で、今日作った棚と同じメープルで塗ってます。

安心してください!

枯れてませんよ(^_^)v

 

 

 

 

おまけで今日のワンコP1011137

 

ウチでの役職は警備課長なんですが

そっちの方になんかあるんですか?