先月の記事でしたね。

 

 

 

 

 

以下、日テレNews24からの引用です

>セブン-イレブンの店舗が風邪で休んだアルバイト店員から罰金をとっていたことが分かった。

 セブン&アイ・ホールディングスによると今月26日、東京・武蔵野市の加盟店でアルバイトとして働いていた16歳の女子高校生が風邪で2日間欠勤したとして9350円の罰金をとっていたという。

 給与明細では実際に働いた25時間分の給料2万3375円が書かれていたが、そこから9350円が差し引かれ手書きで「ペナルティー」などと書かれたメモが貼られていたという。店側は「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティー」と説明したという。

 セブン&アイ・ホールディングスは労働基準法違反に当たると判断し店に返金を指示。「大変申し訳ない。法令順守を徹底します」としている。

 

この行為は労働基準法に違反していますが、まず賃金の全額払いを定めた労基法第24条に違反します。

次に、減給の制裁について定めてある労基法第91条に違反します。

言及1回の額がは平均賃金の一日分の半額以内、総額は一賃金支払期における賃金の総額の10分の1までです。

さらにあと一つ法違反があります。

23,375円 ÷ 25時間=935円(時給)

これは、東京都の最低賃金932円を上回っているのでセーフです。

しかし、9,350円を給料から控除したことによって、

14,025円 ÷ 25時間=561円(時給)

これは、平成2年頃の東京都の最低賃金ですよ。( ̄□ ̄;)

平成2年の548円と平成3年の575円の間の金額ですね。

最低賃金法第4条に違反します。

(最低賃金の効力)

第4条 
 使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者に対し、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならない。
 
 最低賃金の適用を受ける労働者と使用者との間の労働契約で、最低賃金額に達しない賃金を定めるものは、その部分については無効とする。この場合において、無効となつた部分は、最低賃金と同様の定をしたものとみなす。
 
 次に掲げる賃金は、前2項に規定する賃金に算入しない。
一 1月をこえない期間ごとに支払われる賃金以外の賃金で厚生労働省令で定めるもの
二 通常の労働時間又は労働日の賃金以外の賃金で厚生労働省令で定めるもの
三 当該最低賃金において算入しないことを定める賃金
 
 第1項及び第2項の規定は、労働者がその都合により所定労働時間若しくは所定労働日の労働をしなかつた場合又は使用者が正当な理由により労働者に所定労働時間若しくは所定労働日の労働をさせなかつた場合において、労働しなかつた時間又は日に対応する限度で賃金を支払わないことを妨げるものてはない。

 

この最低賃金法第4条に違反することによって、第40条 第4条第1項の規定に違反した者(地域別最低賃金及び船員に適用される特定最低賃金に係るものに限る。)は、50万円以下の罰金に処する。

9,350円を支払わなかったばかりに50万円の罰金を払うことになるかも知れません。

法律は守りましょう。