令和4年7月1日永眠。

我が家の警備課長として活躍してくれてましたハチさん。

平成19年1月12日生まれ

15歳と5か月の生涯を閉じました。

 

7月1日、11時40分頃、母から緊急連絡をもらい、病院に連れて行こうと急いで家に向かい、

12時25分頃に自宅に帰りつきましたが、私は最後の瞬間には間に合わず、

母からの電話から10分ほどしてから、母に抱かれて静かに息を引き取ったとのことでした。

苦しむことなく、眠るように息を引き取ったとのことで、大好きな母の腕の中で安心して逝けたのかな・・・と思います。

それがせめてもの救いでした。

 

 


背景のクルマがセレナなので、1歳ぐらいのときですかね。

 

 

 

 

 

 

 


平成21年10月

母の里である長崎県対馬市への里帰りのとき

フェリーのデッキ。

 

 

 

 

 

ハチさんが亡くなって、母と話をしておりましたが、ハチさんはカメラ目線が上手だったね・・・と。

 

 

 

 

 


母からイチゴをもらって、美味しいのかすっぱかったのか。

 

 

 

 

 

 

 


いつも自分の好きなところで昼寝してましたね。

人の出入りが多いとかもおかまいなし。

 

 

 

 

 


チワワのような超小型犬は寒さに弱いとは聞いてましたが、これじゃまるで猫ですな。

 

 

 

 

 

 


そうそう、冬になるとストーブの前の特等席はあんたの場所でした。

 

 

 

 

 

 

 


ロングコートは夏場は暑いだろうからと、毎年ライオンカットにして夏を乗り切ってたね。

散髪もシャワーも苦手だったハチさん。

よく頑張りました。

 

 

 

 

 


そうそう、あんたのために私はお家も建ててあげたんだよ。

本能からかこの狭いおうちは気に入ってもらえましたね。

 

 

 

 

 

 


お手、おかわり、お座り・・・なんでもすぐに覚えて、私たち家族やお客さんを楽しませてくれましたね。

「まあ!ハチさんはおりこうね!」といろんなひとから褒められて、オヤツもたくさんもらって、鼻高々だったね。

 

 

 

 

 

 

 


たまにはイタズラして叱られるときも、真面目な顔して反省してたよな。

その目で見つめられると、なんでも許してしまうんですよ。

この大きな目はトレードマークだったね。

 

 

 

 

 


ハチさんとオフクロをこのクルマに乗せたくて、仕事も頑張ってこれたんだよ。

令和元年11月。

間に合って良かったけど、これから3年弱か・・・。

 

 

 

 

今頃は虹の橋を渡って、大好きなバアちゃんと再会して遊んでもらってるのかな。

そしてこのドヤ顔であちらから私たちを見てるのかな。

 

 

 

うちの子になってくれてありがとう。

生後2か月でうちに来てくれて、あの時は両手に乗せられるぐらい小さかったね。

あれから15年と3か月、ハチさんを叱ったり、ハチさんから怒られたり、家の中を走り回ったり、いろんなところにも行ったし、今では楽しかったことしか思い出せません。

天寿を全うするまでよく頑張ったね。

いつかまた会う日まで待っててな。

そしてまた家族になろうな。

ハチさん、あなたには感謝しかありません、今まで幸せな時間をありがとう。

そしてどうか安らかに。