現行の労働者派遣法は、派遣は臨時的との原則のもと、企業が同じ職場で派遣労働者を受け入れることができる期間を原則1年、最長3年(通訳などの専門26業務は期限なし)と定めている。

改正案は全業務で派遣期間の上限を3年とする一方で、3年経過した時点でそれまで雇っていた人とは別の派遣労働者に代えれば、引き続き派遣で労働者を雇える。

さらに、企業が労働組合の意見を聞いたうえで3年ごとに人を入れ替えれば、ず~っと派遣労働者を使うことも可能になる。

 

こういう法改正では、一生を派遣で終える労働者が増えるんではないかと思いますが・・・。

結局は企業寄りの法改正ですか・・・。