2014年10月27日発行
“厚労省人事労務マガジン/特集第107号”より2点ほど抜粋して引用します。

 

職場や仕事の悩み・不安、スキルアップなどに関するキャリアの相談を
メールで気軽にできます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省では、職場や仕事上の悩みや不安、スキルアップに関することなど、
キャリアに関する相談を気軽にメールでできる「キャリア相談メール事業」を実施
しています。

ご利用は全て無料で、キャリア・コンサルタントの資格を持った専門家が担当し
ます。
従業員の皆さまにお知らせいただき、貴社の人材育成や定着支援に、ぜひご活用
ください。

【詳細はこちら(キャリア相談メール事業のホームページ)】
http://krs.bz/roumu/c?c=10496&m=17930&v=361af644

(相談例)
・今の仕事に興味が持てない
・専門性を身に付けたいが、何をしたらいいか分からない
・職場の人間関係がうまくいっていない
・仕事を続けていく自信がない など

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月は「労働保険適用促進強化期間」です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
労働保険は、労働者が仕事中に怪我などを負った場合に必要な保険給付を行う「労
災保険(労働者災害補償保険)」と、労働者が失業などをした場合に必要な給付を
行う「雇用保険」の総称です。この労働保険は、労働者を一人でも雇っていれば、
事業主は成立手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

「労働保険適用促進強化期間」中は、労働保険に加入しなければならないにも関
わらず、労働保険に加入していない事業主に対して、新聞やインターネットを通じ
た制度の周知、関係団体などを通じた労働保険への加入促進、各行政機関との連携
強化などによって、労働保険への加入促進活動を集中的に取り組みます。

労働保険は、政府が運営する強制保険ですので、手続を怠っているとさかのぼっ
て保険料を徴収するほか、追徴金を課すことがあります。まだ労働保険に加入して
いない事業主の方や、これから事業を始めようと考えている方は、会社がある地域
を管轄している労働局または労働基準監督署へお問い合わせの上、早急な加入手続
をお願いします。

【労働局】
http://krs.bz/roumu/c?c=10497&m=17930&v=9391664a
【労働基準監督署】
http://krs.bz/roumu/c?c=10498&m=17930&v=71ca0955

また、中小事業主の方には、労働保険の各種手続や労働保険料の納付の事務処理
を委託することができる「労働保険事務組合制度」もあります。併せてご利用くだ
さい。